審美歯科

白い素材で、歯を白く仕上げる

歯を削った後、金属の詰め物や被せ物を入れると、口を開けた時に「銀歯」であることが目立ってしまいます。また、金属製の素材を接着するためのセメントは少しずつ溶け出していくため、虫歯を再発しやすいというデメリットや、金属アレルギーを発症するかもしれないというリスクもあります。

白く仕上げることができ、健康にも良い素材で、詰め物・被せ物を作りませんか。既に入っている銀歯も取り替えることができますので、気になる方は一度ご相談ください。

詰め物や被せ物の種類

ジルコニア

ジルコニアは、白くてかなり強度のある素材です。金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配もありません。中心部にジルコニアを使い、表面はオールセラミックで仕上げれば、透明感のある自然な色合いに仕上げることも可能です。

ハイブリッドセラミック

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜたもので、オールセラミックよりも柔らかいため噛み合わせる歯が磨り減ってしまう心配がありません。こちらも、金属は一切使用しておらず、身体に優しい素材です。

メタルボンド

中心部に金属、表面にセラミックを用いた被せ物のです。丈夫で白く仕上がるため、多くの場合、メタルボンドが採用されています。また、使用する金属にゴールドを選べば、金属アレルギーのリスクも抑えることができます。

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、そこにセラミックでできた板「ラミネートベニア」を貼り付けることで、歯を白くすることができます。また、色を変えるだけでなく、歯の形も整えることができるというメリットがあります。
前歯はラミネートベニアで白くし、その色に合わせて他の歯はホワイトニングで白くするといった審美治療も可能ですので、当院では様々な可能性を考慮しながら、患者様にとって最も良い方法をご提案させていただくようにしています。

ノンクラスプデンチャー

当院では金属のバネがなく見た目が美しい入れ歯のノンクラスプデンチャーを取り扱っております。
ワイヤーや金属が気になる方や、現在お使いの入れ歯に違和感がある方などには取って置きの治療となります。
ノンクラスプデンチャーの特徴とし、見た目が美しく軽くて薄い、弾力があるので付けている事を忘れるくらいフィットすると感じる方も多いです。
笑う時に手元で隠す必要がない入れ歯はいかがでしょうか。
詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

アイル歯科クリニック Tel.044-819-4182アイル歯科クリニック Tel.044-819-4182